講師のプロフィール​​

根本 恵美子 (ピアノ)

​東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業後、

同大学の研究科を修了。

伴奏活動をしながら、パストラーレ音楽教室を開室し、後進の指導に専念する。

%25E5%2587%25BA%25E4%25BA%2595%25E6%2584%259B2018-5_edited_edited.jpg

出井 愛(ピアノ)

東京音楽大学器楽科ピアノ科専攻卒業後
チェコ国立プラハ音楽院に留学し、ミハル・レゼック氏の元で研鑽を積み、チェコ国内での音楽祭、コンサートに多数出演。
近年では、チェコフィルハーモニー管弦楽団名誉主席チェリストのフランティシェク・ホスト氏とデュオコンサートを行うほか、
CD制作や映画挿入曲の録音など、幅広く活躍している。
これまでにピアノを関根有子、神代麻子、船本貴美子、
ピアノデュオを宮崎和子、船本貴美子の各氏に師事。

8AC4269B-2A56-401B-8CB5-5EC694F18CA8.jpeg

​​根本 諒子 (ピアノ)

洗足学園音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業後、

フランス・パリ・エコールノルマル音楽院や

パリ近郊のコンセルヴァトワールで研鑽を積む。

現地の音楽教育を学び、審査員満場一致の賞賛付きで実技試験に合格。DEM(音楽研究資格)を取得。

2019年、オーディションによりソリストに選ばれ、エストアンサンブル・オーケストラとベートーヴェン協奏曲をコンサートで共演。

日本では第85回、横浜新人演奏会にオーディションを経て出演。

3年前から後進の指導にもあたっている。

2020年8月に帰国。

これまでにピアノを船本貴美子、秦江里奈、立石智子、エリック・ベルショ、サンドリンヌ・ルグラン、ジェローム・グランジョンの各氏に師事。

フィンガートレーニングを本村久子に師事。

DSC_7629_edited.jpg

​遠藤 万里 (ヴァイオリン)

京都市立芸術大学卒業後、

チェコ政府給費留学生として、プラハ芸術アカデミーのパノハ氏の元で研鑽を積む。

プラハ学生オーケストラや室内オーケストラクアトロのメンバーとしてヨーロッパ各地の演奏会に参加。

チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団パルドュビツェ第二ヴァイオリン奏者を経て、現在はソロや室内楽の傍ら後進の指導にも

あたっている。

​これまでに五十嵐由紀子、岸邊百百雄、四方恭子の各氏に師事。​

 

声楽コース

​東京芸術大学卒業後、海外で研鑽を積み、国内外で演奏活動を行っている講師を

お迎えしております。

 

​​お問い合わせ

東京都葛飾区小菅4丁目​

080-9511-3708

送信が完了しました。