IMG_2880.JPG

フランスでの経験談

ヨーロッパの教育を受けて

フランスの音楽教育機関で勉強をしているときに、
なんて皆さん楽しそうに、心からの演奏をするのだろうと驚きました。どんな教育がなされているのか興味がわき、様々な授業の見学をしていました。
そこで見たものは、教師は生徒に対して、音楽の魅力と知識を伝えて、その後は、生徒それぞれの個性や資質を発見して、それらを磨いていくサポートをしていた事でした。そのことによって、<教わったように演奏しなくては> <ミスをしてはいけない>と言うことにとらわれず、心で感じているものが自然に表現されていたのです。それが音楽となり、人に伝わる演奏につながることを確信しました。
このような気づきから、この教室では、生徒さんの個性を尊重しながら、一緒に音楽の魅力を発見し、音楽性や表現力を磨いていく指導をしています。